修理の方法はいろいろあります

修理の方法はいろいろあります

修理の方法はいろいろあります iPhoneスマホ修理は、まず正規店のルートを使用することが出来ます。
正規店とは、キャリアと呼ばれる携帯電話ショップ店頭か、アップルそのものの店舗のことです。
アップルストアであれば、iPhoneスマホ修理の受付を行っています。
初期不良であれば本体ごと交換することが出来ますし、保証サービスに加入していれば丁寧なケアを受けることが可能です。
その場で保証サービスに加入しても問題ありません。


それ以外であればスマホ修理の専門店でも修理をすることが出来ます。近年は「総務省登録修理業者」の資格が設けられたので、この資格を保有している店舗がおすすめです。
これらのお店の特徴としては、待ち時間が短いことや修理料金が安いというメリットがあります。
ですが、大切なスマホ修理を任せるのであれば時間や費用だけではなく、実績をしっかり積んだ店舗かどうか、そしてデータ保証サービスなどを行っているかなど、安心出来るお店を選ぶようにするべきと言えます。

スマホ修理店を利用すればデータを残してバッテリー交換が可能です

スマホ修理店を利用すればデータを残してバッテリー交換が可能です 一般的なスマホのバッテリーは2~3年程度で寿命を迎え、劣化が進むと電池の持ちが悪くなってしまいます。
低価格のAndroid端末であれば、電池の持ちが悪くなった時点で本体を買い替えるケースがほとんどでしょう。
これに対してiPhoneの上位機種であれば、本体を使い続けたいというユーザーも少なくありません。
バッテリー交換をするためには本体を分解する必要があるので、修理と同じ扱いとなります。
携帯ショップでスマホ修理を依頼するとデータが消去されて返却されるので、お店に持ち込む前にバックアップを保存しておく必要があります。
携帯ショップではなくてスマホ修理専門店に依頼をすればデータを残した状態で戻してもらうことができるので、復元作業をする必要がありません。
ただし作業中にストレージのデータが消失するリスクがあるので、修理に出す際はPCやオンラインストレージなどに重要なデータのバックアップを保存しておくようにしましょう。